パン・ド・カンパーニュ

0
    JUGEMテーマ:自家製酵母パン

    今日はパン・ド・カンパーニュの紹介です。

    カンパーニュとはフランス語で「田舎の」と言う意味です。

    語源は カンパニィオ 「分け合う」からきている様です。

    中世のフランスでは大きなカンパーニュを家族で分け合って食べていたのですね。

     

    今日のカンパーニュはライ麦サワー種とリンゴの天然酵母を使って作りました。

    リンゴの酵母は発酵力が強くサワー種だけで作った時より酸味が少なく

    優しい味わいに仕上がります。


    時間をかけてよく熟成させて焼いたパンは

    切り口が艶やかで気泡が不均一になっているのが特徴です。

    スライスしてトーストしたカンパーニュは歯切れと口溶けがとても良く

    ハムやチーズにジャム、蜂蜜、サラダ、スープ、なんでもよく合います。




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:40 最後に更新した日:2013/01/27

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM